信用情報

信用情報が汚れてブラックリストに載らないために知るべきこと

返済遅延などの事故情報は 信用情報機関に載ります。

借りたお金の支払いなどがいい加減だと、信用情報が汚れてブラックリストに載ってしまいます。

正確には、ブラックリストなるものは存在しないのですが、信用情報機関に返済遅延などの事故情報が掲載されてしまい、その情報はあらゆる金融機関が閲覧可能になります。

つまり、アナタの事故情報は、全て筒抜けになってしまうのです。

そして、この事故情報は5年間ほど信用情報機関に掲載されます。

住宅ローンや自動車ローンを組む時、クレジットカードを作る時、賃貸契約をする時などは、金融機関は信用情報機関の情報をチェックします。

審査に落ちた時は、ブラックリストに載ってしまったことが原因かもしれません。

信用情報が汚れる行為

「信用情報が汚れる行為」とは以下のような行為になります。

  • クレジットカードの引き落とし返済が3カ月以上できない
  • 携帯電話料金の支払いを延滞する
  • 学生時代に借りた奨学金の返済を3カ月以上延滞する

当然ですが、1か月だけでも延滞しない方がいいです。3か月の猶予があるということではありません。

また、お金がなくて延滞も、うっかり支払い忘れも、同じ延滞として処理されてしまうので気をつけましょう。